いろいろとあるうちわの種類

うちわは、古来から、涼を取る道具として、また、太陽の光やホコリを防ぐ道具として、多様に使用されてきました。

うちわの始まりは、中国から朝鮮に伝わり、朝鮮から日本へ、奈良時代に伝わり、貴族の間で顔を隠す道具として使用されたのが、始まりとされております。

今では手作りのうちわは少なくなりましたが、手作りで作られていたころのうちわは、大きく分けて、平柄、丸柄、挿柄の3種類のうちわがありました。

平柄は、四国の丸亀うちわが有名ですが、竹を割って平らに削ったもので、手で持つ部分を平たくしたうちわになります。

この丸亀うちわは広告用のうちわとしても使用されているので最も親しみやすい種類のものかもしれません。
(広告用としてうちわ株式会社で丸亀うちわが選択できます。)

挿柄は、主に京都で作られているうちわになり、扇面と把手が別々に作られ、細くした骨を一本ずつ放射状に並べ、柄をつけたうちわになります。

丸柄は、日永うちわが有名で、丸い竹をそのまま使用したうちわになります。